デンソーファシリティーズ、省エネ大賞で「資源エネルギー庁長官賞」受賞

2019年1月31日

株式会社デンソーファシリティーズは、平成30年度省エネ大賞 省エネ事例部門において、「資源エネルギー庁長官賞」を受賞いたしました。
省エネ大賞は、一般財団法人省エネルギーセンターが主催し、企業や自治体などにおける優れた省エネ活動や、技術開発などによる先進型省エネ製品などを表彰しています。

この度、当社がこれまで取り組んできたエネルギーJIT活動を更に発展させ、全社横断的にエネルギー運用の高効率化を可能とした「デンソー流FEMS※」による省エネ活動の取り組みが評価され「資源エネルギー庁長官賞」の受賞となりました。

※「デンソー流FEMS」
これまで運用してきた製作所のエネルギー管理システムと各製造部門のエネルギー計測システムを連係し、変化点が一見して解る「エネルギー『一気通“観”』管理」を可能とするシステムを構築しました。これにより全社のエネルギー状況(量・原単位・ロス等)がタイムリーに把握でき、また情報共有により省エネ活動活性化が図られるようになり、この結果、大幅な省エネルギーを達成しました。

デンソーファシリティーズは、今後も全社で徹底した省エネ活動に取り組み、地球環境の維持及び持続可能な社会の発展に貢献していきます。