若手座談会

若手座談会

職場の雰囲気や同期の仲のよさ、
若手も活躍できる仕事環境が自慢です!

若手社員が感じる会社の魅力、成長への手応えとは?入社1年目~3年目の6名が、本音で答えます!

Q1この会社に入社して、よかったと思うことは何ですか?

角谷

研修期間が1カ月と長いおかげで、同期とぐっと仲良くなれました!今も会社帰りに「ちょっと寄ろっか?」と食事に行くことが多いんですよ。

中道

確かに同期の絆が強いですね。僕たちの代は入社してすぐから1年に4回「ごはん会」を開いています。僕が幹事で(笑)。旅行やバーベキューにも行ったりして、まさか会社で一生の友人ができるとは思いませんでした。

角谷

ごはんを食べながら仕事の悩みを相談することも。結構マジメな話を語り合い(笑)、お互いに支え合っています。

川原

先輩も気さくですよね。僕の職場は若手の先輩が多くて活気いっぱいで、一緒に仕事をして「楽しい」って思えます!

中道

僕は部署の先輩の影響でマラソンを始めました。この前は一緒に10キロマラソンを完走し、イタリアンでお祝いしてもらいましたね。

川原

また、うちの会社はスポーツ大会など行事が多く、他拠点の社員とも仲良くなれます。入社して1年ですが、自然に知り合いが増え、会社になじむことができました。

片岡

業務の幅が広いので、自分にひとつでも得意なことがあれば、仕事に生かせます。例えば自分なら、パソコンが得意、手先が器用、背が高い(笑)。小さなことでも仕事につながり、自分の自信につながると思います。

加納

「頑張れよ」と若手を応援してくれる雰囲気が職場にあり、自分がやりたいことに前向きに取り組めるのが一番よかったことかな。先輩方が親切で、質問すると倍以上の丁寧な回答をくれるのにも感激しました。

陣内

そうですね、それに福利厚生が充実し、職場もアットホーム。高校の友人と話していても、すごくいい会社だと実感します。しいていえば、女性の仲間がもっと増えるといいですね(笑)。

Q2仕事で大変だったことは? そこから何を学びましたか?

中道

自分も工場の保全作業中、操作ミスで異常停止。工場のラインが止まってしまうところでした。自分の業務はデンソーの工場全体に影響する仕事なんだと学び、より慎重になりましたね。

片岡

僕が大変だなと思ったのは、「資格取得」の勉強です。「社会人になっても勉強するのか~」と最初は少しつらかったです(笑)。

川原

「技能検定」も結構高いレベルが求められます。夜まで練習したことも…

角谷

ああ、確かに。実際、技能や資格がないと現場ではできない業務が多いので、仕事するためには勉強が必要!と頭を切り替えてがんばっています。

加納

学校の勉強と違って、資格は普段触っているものを扱う問題が多いので、面白くないですか? 僕はそれに気づいて、勉強が楽しくなりました。

全員

ポジティブすぎる!(笑)

Q3入社して、どんな成長を実感しましたか?

陣内

高校時代は、困ったことがあればその都度聞けばいいや、と思っていました。でも今は1人で運転勤務をするため、自分が理解していないと対処ができません。疑問がわいたらすぐ聞いて、解決するようになりましたね。

加納

僕はコミュニケーション力。自分の考えをしっかりと相手に伝え、理解してもらえるようになりました。

角谷

「努力しただけ報われる!」と分かったこと。技能検定や資格取得などがんばればクリアできるものが多く、自分の自信になっています。

片岡

調べる面白さを知ったことです。入社してすぐ、現場で先輩の持つ情報量に驚きました。ねじひとつから疑問を持つようになり、コンビニに行っても設備をキョロキョロ(笑)。疑問は調べてメモに書き残し、今やそのメモはどっさりあります!

川原

仕事で「時間」は重要な約束ごとです。会議は何時から、保全は何時までに終わらせるなど、「スケジュールを守るために何をすべきか」を計算して考えられるようにようになりました。

中道

時間を守る、ルールを守る。「当たり前のことを当たり前にやる」ことが、仕事では一番大事なんですよね。

Q4学生のみなさんに向けて、メッセージをお願いします。

陣内

人を大切にしてくれる会社で、福利厚生も充実。周囲の人がサッとサポートしてくれるような温かさにもあふれています。私の目標は、結婚や出産を経て定年まで働くこと。定年まで働きたいと思える会社に入れて幸せです。

中道

上司や先輩が、優しく、時には厳しく指導してくれます。仕事をして、結婚して、子どもができて、定年を迎えるという40年先の人生まで、とても充実した人生が送れるいい会社だと思います。ぜひ僕たちと一緒に働きましょう!